wasyaママの日常&リハビリ

退院後の日常生活と自主リハビリをどうやって継続させていくのか? せめて退院時の体重より増やさないようにしなければ 膝が痛くなるらしい これからも楽しいお話と頑張りを発表していきたいです。

RewriteEngine On RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(https://blog.hatena.ne.jp/wasyawasyafamily/wasyawasyafamily.hatenadiary.jp/)(:80)? [NC] RewriteRule ^(.*) https://www.nyuin.ooo/$1 [R=301,L]

大好きだった😊

今週のお題「おとうさん」

f:id:wasyawasyafamily:20190616192411p:image

昨日は 父の日です。私は 自信を持って言えます。父親っ子です。父が大好きでした😊もう亡くなり この世にはいませんが、今でも好きです。子供の頃 父のことは “お父ちゃん”と呼んでいました。年頃になると お父ちゃんと言う呼び方が恥ずかしくなり 孫もできた途端に おじいちゃんと呼び名が変わりました。現在 恥も恥じらわない私 主人の事を お父ちゃんと呼んでいます。お父ちゃんも気に入っているようです。私には 兄がいました。父・母・兄・私の4人兄弟です。たった4人なのに グループ分けされていたのです。父と私・母と兄です。どうも 母といると 落ち着きません。内緒の話です。今は 父と兄が亡くなっているので、この世には 母と私になっているのですから、父は 子供が大人になったような人です。4人兄弟の末っ子です。女・男・男・男の4人兄弟なのです。小さい頃 父に買ってもらった本当に焼けるレンジが すごく嬉しかったです。今でも覚えています。父の誕生日に いつも父が行っていた釣り屋さんに行き 釣竿プレゼントするも 父は その竿持って交換に行くのです。素のままに生きていた父 銀婚式に 兄と私 それに叔母と3人で 1人10万 計30万です。北海道旅行にでも行っておいでとお祝いしても 日本海に行き 母を旅館に残し 1人釣りに行ってしまう勝手な父☺️自分中心に生きていた。しかし 63歳 阪神大震災があった年 地震の2ヶ月後 脳梗塞になり 半身麻痺…一時は なんとか歩けていたのだが リハビリを拒み 歩けなくなり 寝たっきりになってしまったのです。糖尿病もあり 目も見えなくなり 残す人生 苦難ばかり 今まで 自分の思うように生きてきた父 なにもかも嫌になり 暗く何もしない人生を選んでしまったのです。私は 父を預かり 毎日病院通いもしていたのですが、父を明るくする事はできませんでした。今になっては 脳出血により 父と同じ状態になり 少しは父の あの時の気持ちもわかってあげれたと思います。苦しかったのもわかります。68歳で人生終わらせたのは早かったですよね。もう少し長生きしていたら パソコンやスマートフォンに夢中になったと思います。いつも 私の部屋で スーパーマリオやパックマンを必死にしていた父…いい点がでると 寝ている私を起こし 本当に嬉しそうな顔を見せていた父 もう一度見てみたいです。あの時が 1番幸せだったと思います。最期まで 思い存分楽しく生きてほしかった。少年のような心を持った父 本当にかけがえのない人でした。今回 私が生き延びたのも きっと 父の力が働いているのだと思います。