wasyaママの日常&リハビリ

退院後の日常生活と自主リハビリをどうやって継続させていくのか? せめて退院時の体重より増やさないようにしなければ 膝が痛くなるらしい これからも楽しいお話と頑張りを発表していきたいです。

RewriteEngine On RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(https://blog.hatena.ne.jp/wasyawasyafamily/wasyawasyafamily.hatenadiary.jp/)(:80)? [NC] RewriteRule ^(.*) https://www.nyuin.ooo/$1 [R=301,L]

復習19日目

おはようございます😊晴れてはいるが、朝は まだ冷やっとしますね。最近 体重が増えていっている。前進のみです。

 

 

 

減価償却についてです。固定資産を使用することによって減る価値。会計期間の収益を得るために使用された費用とみます。

減価償却費(費用):減価償却された価格

減価償却費=

(取得原価-残存価額)÷耐用年数

残存価額:耐用年数が経過した後に残る経済的価値だそうです。ふたたび読み返してみると、ふぅ〜んとなる。って事は 理解してなかったのだ。復習してよかった。取得原価−減価償却累計額=固定資産の帳簿価値額(決算時点)になるのです。まぁ 潰れるときは潰れるし 当たり外れもあるしね。帳簿価値額の事を 帳簿価額と言います😊こう言った計算は好きなのです。方程式があって 当てはめて計算する。パズルのようで面白い。

*決算です。減価償却をします。

営業車 1000,000円 (取得原価)

残存価額 ゼロ

耐用年数 5年

(取得原価−残存価額)÷耐用年数

=減価償却費

1000,000-0÷5=200,000 1年間の減価償却費です。費用ですよね。それは 収益を費やすために減少していくわけなので、累計額 資産のマイナスが年々増えていくのです。

f:id:wasyawasyafamily:20190523163146p:plain
備品 200,000円を 現金で購入

f:id:wasyawasyafamily:20190523163436p:plain

残存価額 ゼロ

耐用年数 5年

(200,000-0)÷5=40,000減価償却を行う 

f:id:wasyawasyafamily:20190523163254p:plain

備品販売:購入02年4月 

決算3/31 販売03年3月150,000円 後日 入金予定

f:id:wasyawasyafamily:20190523163801p:plain

上記のようになります。しかしながら 期中で販売した場合は 少しややこいのです。上記の内容で 販売が02年9月に 同じ条件になる場合は…

40,000×6÷12=20,000

(4ヶ月かけてから 12ヶ月で割るのです。その方が、端数が出ないそうです)

f:id:wasyawasyafamily:20190524074138p:plain

期中での 販売の場合 減価償却費も 月割りにして販売日までの分を記載しないといけないのです。減価償却累計額は年単位記載になります。もう試験も目前 簿記教室では 毎日 試験だらけです😳😳😳頑張ります😵