wasyaママの日常&リハビリ

退院後の日常生活と自主リハビリをどうやって継続させていくのか? せめて退院時の体重より増やさないようにしなければ 膝が痛くなるらしい これからも楽しいお話と頑張りを発表していきたいです。

RewriteEngine On RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(https://blog.hatena.ne.jp/wasyawasyafamily/wasyawasyafamily.hatenadiary.jp/)(:80)? [NC] RewriteRule ^(.*) https://www.nyuin.ooo/$1 [R=301,L]

自分の事が知りたい。

おはようございます。昨日は本当に楽しかった!昨日,h先生に仲間からのh先生へのクレームの話をしといた。h先生の言語のリハビリは 治し過ぎではないのか?なんでもう一歩手前で止めて置かなかったのか。こいつはうるさ過ぎるだろうの事を伝えると一言返ってきた。「それは,あんたが悪いだけだと」エッ!私が悪いだけなのか?h先生は責任を感じでないのだ。だだ、

私がうるさいだけ

なんだと!

 

私は、急性期の理学のリハビリを担当してくれていたt先生に会いたかった。やっと会えた。昨日の話だ。見せたいものがあったんだ。そう 私の末娘の旦那mさんの写真だ。似てるんだt先生に(*^^*)でも t先生は忙しくて全然会えなかった。入院してた時,i先生が急性期に連れて行ってくれた。優しいんだ。リハビリ室に行ったがいなかった。ショックを受けているとi先生は集中治療室 初めて入った病室だ。集中治療室に行こうと言ってくれた。ドキドキだ。見てみると思っていたのと違い狭い。こんなにも狭かったのか。もっと広く感じていたんだ。夢の中にいたような気もしてた。その時やっていた朝ドラ 「半分青い」の学校のシーンと合体していたのだ。女優か?

いや ババァだ!そこを見て思った。ここに私がいて前にoちゃんがいて その横にsさんがいたんだ。こんな狭い中だったのかぁと・・・

襲われなくてよかった。

まぁ無理だ 皆んな

寝たっきりだ。

ありがとうi先生

自分の事はなんでも知りたかった。他にもいろいろ皆んなに聞いてみた。長女に倒れた時なんて言われたの?って聞いた。お医者さんには一生車椅子で呂律もまわらず介護生活になると言われてたらしい。長女は理学のリハビリの先生だ。CT画像を見て、すぐにお医者さんに写真の許可を取り撮影した。それを見て

あかんと思ったそうだ。お父ちゃん落ち込んだだろうな後から聞いた話だが,父ちゃん おいおい泣いてたらしい。その姿を想像して私も泣きそうだ。お先真っ暗になったとも本人に聞いた。そうだろう!何一つ私任せだったんだからな。これからは美味しいものいっぱい作って幸せにしてやるんだ。次の目標 お父ちゃんより長生きする事だ。救急隊員さんには落ち着いて来てくださいって言われたらしい。無理だろう。少しでも医療に関わっていてよかったなと思う。お金出していてよかった。しんどかったが。他には病名も聞いた。脳幹出血だ。何もしらなかった。入院して2ヶ月たった頃 初めて入院の案内を読んだ。こんなとこにこれだけお金かかるだとかご飯の時間やこういう風に病室が並んでるんだとか初めて知った。決まり事も初めて知った。遅すぎだよな のんびりしてたんだぁ。すべて人任せだった。はじめての経験だ。自分の事,人に決めてもらってた事なんてなかった。なんか不思議だ。その時 お母さんの

給料明細もオープンになってた。バレてしまったか?たぶん 子供より少ない給料で 子供と外食した時も払ってたんだ。今度から奢ってくれるかな…そんな事はなかった。なかなか子供達はしたたかである。立派に育ったなぁ。なかなかやるなぁ・・・私!

手作りで美味しいもの食べさせてたら子供はそれなりに育つんだ。可愛がりすぎるのも問題あると思う。