wasyaママの日常&リハビリ

退院後の日常生活と自主リハビリをどうやって継続させていくのか? せめて退院時の体重より増やさないようにしなければ 膝が痛くなるらしい これからも楽しいお話と頑張りを発表していきたいです。

RewriteEngine On RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(https://blog.hatena.ne.jp/wasyawasyafamily/wasyawasyafamily.hatenadiary.jp/)(:80)? [NC] RewriteRule ^(.*) https://www.nyuin.ooo/$1 [R=301,L]

理学のリハビリその1

回復期に来た頃の理学のリハビリ何をしてたのか覚えてない。勿体無いことした。

もう一度してもらいたいくらいだ。

いつの日か装具を付けて歩くようになっていた。

https://3.bp.blogspot.com/-pvU-mfAsAXA/Wge8CyCWN-I/AAAAAAABIFI/V3GhVSSSwzIF2GI9qCmnM-njBR2MVf99wCLcBGAs/s800/medical_sougu.png

これは急性期のt先生と作ったものだ。

回復期に来てからi先生が引き継いたんだ。少しの痛みも見逃さない。すごいよ i先生。感謝感激雨あられだ。まずはベットに寝て左足中心にリハビリだ。膝を立てる事も出来なかった。ほんとに初めは何をしたんだろう。足を持ち上げるのもできるわけない。覚えているのは膝を立ててからだ。膝を立てて膝を左に倒す。次は倒してから足を伸ばされる。角度を変えて倒して戻す。相変わらず横向きで腰を振っていた。だんだん慣れてきた頃 横向きで前後に膝を曲げ動かす。初めは足首とひざを持ってくれていた。知らない間に足首だけになる。なぜだ。普通無理だろ。膝が落ちてきていますよーとか言うてくる。へぇーとかあっそうとかで返事してた。i先生だけだ気にせず頭に浮かんだ言葉を話せるのは。自信があった。i先生は絶対私から逃げないだろうと。なんの自信なんだろうか。それに数を数えない。終わりがわからん。その上話しかけてくる。思わずうるさいと怒鳴ってしまう。初めてらしい。患者にうるさい言われたのが。いい経験になったんじゃないか。先生も成長できる。私のお陰だ😁